本文へスキップ

初学者から認知症と認知症ケアに
関する専門の資格取得を目指す、
認知症ケア指導管理士講座

脳血管性認知症とはHEADLINE

脳血管性認知症とは


脳の血管が詰まったり破れたりすることによって、その部分の脳の働きが悪くなり、そのため認知症になることがあります。このような認知症を脳血管性認知症といいます。


脳血管性認知症は、脳のなかに大きな梗塞がある場合や小さな梗塞がたくさんある場合、脳全体の血流が低下している場合など様々な原因で発症します。脳卒中発作後に、突然、症状が現れたり、段階上に進行、悪化したりすることがしばしばみられます。

脳血管性認知症は、障害された場所によって、ある能力は低下しているが別の能力は比較的大丈夫という様に、まだら状に低下し、記憶障害がひどくても人格や判断力は保たれていることが多いのが特徴です。
また、高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙など、心疾患や動脈硬化の危険因子を持っていることが多いことも特徴です。更に、歩行障害、手足の麻痺、呂律(ろれつ)が回りにくい、転びやすい、尿失禁、抑うつ、感情失禁(感情をコントロールできず、ちょっとしたことで泣いたり、怒ったりする)などの症状が早期からみられることもしばしばあります。

脳血管性認知症の原因としては、脳梗塞の多発によるものが大部分(70~80%)を占めます。脳血管障害により脳の血流量や代謝量が減少し、その程度や範囲は認知症の程度と関係します。


ヒューマンアカデミーの認知症ケア指導管理士講座


認知症ケア指導管理士講座 認知症ケア指導管理士講座
価格: 30,000円(税込)

初学者から認知症と認知症ケアに関する専門の資格取得を目指す

認知症ケア指導管理士

リンクについて

当サイトでは、ただ今相互リンクの募集をしています。
お申し込みの方はこちらから

 相互リンク募集中


認知症ケア