本文へスキップ

初学者から認知症と認知症ケアに
関する専門の資格取得を目指す、
認知症ケア指導管理士講座

認知症とはHEADLINE

認知症とは


認知症の多くは、「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」です。
認知症は、脳が病的に障害されておこります。その原因となる病気は、頭蓋内の病気によるもの、身体の病気によるものなどたくさんあります。しかし、多くは「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」です。なかには、原因となる病気を適切に治療することで認知症症状が軽くなるものもあり、それらは認知症全体の約1割を占めているといわれています。

認知症は、単なるもの忘れではありません。
「久しぶりに会った人のことが思い出せない…」このような経験は誰にでもあります。「もの忘れ」は自然な老化によっておこる「単なる歳のせい」で、誰にでも起こりえます。一方、「認知症」は「病気」であり、単なるもの忘れではありません。

そこで『認知症』とは
脳や身体の疾患を原因として、記憶・判断力などの障害がおこり、普通の社会生活がおくれなくなった状態と定義されています。
認知症の初期症状で最も多いのはもの忘れですが、それ以外の症状ではじまることもあります。

意欲、自発性の低下(やる気がおこらない、これまでやっていた事をしなくなった、ものぐさになった)やうつ症状、言葉の障害、注意力低下なども認知症の初期症状のことがあります。


ヒューマンアカデミーの認知症ケア指導管理士講座


認知症ケア指導管理士講座 認知症ケア指導管理士講座
価格: 30,000円(税込)

初学者から認知症と認知症ケアに関する専門の資格取得を目指す

認知症ケア指導管理士

リンクについて

当サイトでは、ただ今相互リンクの募集をしています。
お申し込みの方はこちらから

 相互リンク募集中


認知症ケア